まちづくりの思いが込められた花園『水仙の丘』

//まちづくりの思いが込められた花園『水仙の丘』

まちづくりの思いが込められた花園『水仙の丘』

2018-04-24T23:45:05+00:00 2018/04/07 ||

3月末、個人の花園である『水仙の丘』で10万本のラッパ水仙が見ごろを迎えました!こちらは毎年見ごろになる3月下旬~4月上旬はオーナーさんのご好意で園が無料開放されている花園なんです!!

4000㎡の広陵地いっぱいに星のように水仙が輝いています!
こちらの土地は元々みかん山だったとか。持ち主である井上善人さんが13年前、”公園島淡路“を目指して、水仙の花園にしようと思い立ったそうです。
最初は1000株だった水仙を少しずつ株分けし、13年かけて10万本に増やしてきました。昨年6月には魅力ある街づくりに貢献したということで、国土交通大臣より「まちづくり月間」のまちづくり功労者としてされ表彰されたそうです!
井上さんがいる日には、竹笛やペットボトル風車を作る教室をやっているほか、
水仙摘み取りや鉢植えの販売などもやっています!
テレビ番組などの取材も増え、年々評判が高まっている『水仙の丘』。ぜひ毎年見ごろ情報をチェックして訪れてみてくださいね!!


水仙の丘

〒656-1521 兵庫県淡路市多賀369−9
TEL:090-1904-0575

見ごろの時期(3月下旬から4月上旬)は見学自由
入場料:無料