ハートが散りばめられたクリスマス展『奇跡の星の植物館』

///ハートが散りばめられたクリスマス展『奇跡の星の植物館』

ハートが散りばめられたクリスマス展『奇跡の星の植物館』

2017-12-13T14:24:15+00:00 2017/12/13 |, 奇跡の星の植物館|

例年より早めに寒波がやってきた今年の冬。
寒さに震えることなく、室内でクリスマスツリーのイルミネーションを楽しめるのが『奇跡の星の植物館』で2017/11/18(土)~2018/1/14(日)まで開催されている「花と光のページェントクリスマスフラワーショー2017」展です。

デンマークとの国交150年を記念して、今年は”デンマークのクリスマス”がテーマ。デンマーク王室のシンボルになっているハートが随所に散りばめられた展示になっています!

ハートの形を持った植物を探すプレゼントキャンペーンも実施中!!
こんな可愛いハートの植物も!ぜひ探してみてくださいね♪
昼間の展示も綺麗ですが、暗くなる17時以降だとイルミネーションの輝きが増してきます。
「プランツギャラリー」の植物たちも昼間とはまた違った表情を見せていますね!
樹齢320年のアロエディコトマが、花を咲かせていました!!
トロピカルガーデンも夜間照明で雰囲気が盛り上がっています!
バリの置物も迫力倍増!
和の展示でおなじみの「花の緑のある暮らし」スペース。和には影が似合います。
前回の展示にはなかった松の盆栽が登場しています。躍動感あふれる見事な幹!
「癒しの庭」スペースでは、”ホームクリスマス”をテーマに、デンマークのクラフトペーパーと人気の多肉植物を使った展示がありました!
多肉植物のディナーテーブル。クリスマスケーキが可愛いですね♪
イギリス人研修生の作品”ラブリーデニッシュクリスマスガーデン”が「ホワイエ」スペースに登場!”北欧の森で暮らすニッセ”がテーマになっているようです。
ニッセとは、デンマークに伝わる小人で、サンタクロースのアシスタント的な存在なのだとか。ここでは新聞紙や金網を土台に苔やススキで形作られた、巨大なニッセに出逢えます!
小屋を除くと、乾燥したススキや苔玉がぶら下がる不思議な空間!”冬”をイメージしたものだそうです。
中央のベンチにはクリスマスローズを中心とした瑞々しい植物が。天井からぶら下がるドライ植物の下で、”命のともしび”を表現しているのだとか。
クリスマス展のメイン会場「フラワーショースペース」にやってきました!!
10mのクリスマスツリーの周りにはポインセチア、シクラメンなど200種2万株の白い植物が織り成すホワイトガーデンが広がっています。
間近でツリーを撮影するのも美しいですが、ぼかしてみると、また面白い写真になりますね!
ハートの向こうに立って記念写真を撮ることができる一角も!
ベンチに座ってのんびりツリーを眺めることもできますよ!
角度を変えたり、わざとピントをぼかしたり…工夫次第で色んなテイストの写真が撮れます!
館内の展示で寒さが気になりませんので、ハート探しに写真撮影に、じっくり時間をかけて楽しんでみてくださいね。

12/23(土)~24(日)は素敵な音楽イベントやフラワーアレンジメントなどの体験教室も開催されますので、要チェック!


兵庫県立淡路夢舞台温室
奇跡の星の植物館

HP:http://www.kisekinohoshi.jp/

〒 656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4番地

TEL:0799-74-1200
Fax:0799-74-1201
E-Mail:info@kisekinohoshi.jp

営業時間:10:00~18:00 (最終受付時間 17:30)
※12/1~12/10の金・土・日、12/15~12/24は21:00まで。(最終入館20:30)
料金案内&休館日:http://www.kisekinohoshi.jp/about/facilities

【花と光のページェントクリスマスフラワーショー2017】
2017/11/18(土)~2018/1/14(日)
http://www.kisekinohoshi.jp/exhibition/archives/9381

【クリスマスパーティ 】
2017/12/23(土)~12/24(日)
http://www.kisekinohoshi.jp/exhibition/archives/9574