洗練された花園を満喫『明石海峡公園』

///洗練された花園を満喫『明石海峡公園』

洗練された花園を満喫『明石海峡公園』

2017-02-01T16:55:53+00:00 2016/12/11 |, 淡路島国営明石海峡公園|

10月から11月上旬にかけて、『淡路島国営明石海峡公園』のコスモスやダリアのお花畑を堪能してきました!

こちらの公園は、瀬戸内海を望む高台にあり、なんと甲子園球場の約10倍の広さを誇るとーっても広い公園なのです。

”明石海峡”公園だけあって、東浦口ゲートには、お花で作られた明石ダコ「タコトピアリー」さんがお出迎え♪記念写真スポットとしてベンチも設置されています。

公園海側を進んで「大地の虹」エリアに向かうと、高さ4mの巨大な「花火鳥」が現れます。

 こちらは阪神・淡路大震災からの再生と復活を祈って作られたようです。

至近距離だと気づきにくいのですが、火鳥の長い尾の部分も色とりどりの花で形づくられていて、見事です。

公園山側の「月のテラス」から眺めてみると、全体像がよくわかるので、ご興味ある方はぜひ。海も見えます!
そして「大地の虹」エリアに咲き誇る、コスモス畑に到着。オーソドックスなタイプから、「こんな品種もあったんだ!」と思うような色のコスモスまで種類は豊富。

左右前後、どちらを向いてもコスモスが広がる光景は、まさに”花パラダイス”!うっとりと夢心地になるような美しさです。

しかも、ただお花畑があるだけでなく、広範囲に渡って立体的なデザインになっています。壮大な景色との調和がコンセプトになっているようです。

さすが、2000年に開催された”淡路花博”「ジャパンフローラ」の会場となり、現在も”国内最大級の花壇”と称されるだけのことはありますね!どことなく品も漂います。
さらに「陽だまりの丘」エリアでは、見頃を迎えたダリアが華麗な花々を咲かせていました。なんと、46品種、約10,000株のダリアが植えられているそうです。一株一株がゴージャスなので、これだけ揃うと圧巻です!
広~い園内を自分の足でのんびり歩くのも楽しいですが、歩くのが苦手な方や、お年寄り、お子様連れにオススメなのが、園内をゆっくり走るトラムカー、夢ハッチ号。にっこり笑顔がとてもかわいらしく、花畑の脇をすーっと通る姿を見ているだけで癒されます☆

今回レポートしたエリアはまだ公園のほんの一部。まだまだ見どころがたくさんで、四季折々の花を咲かせます。イベントも盛りだくさんなので、HPを要チェック。また折を見て、訪問&リポートしたいと思います!


淡路島国営明石海峡公園
HP:  http://awaji-kaikyopark.jp/

〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
TEL: 0799-72-2000
(明石海峡公園管理センター)

開園時間&料金案内:http://awaji-kaikyopark.jp/about
夢ハッチ号案内:http://awaji-kaikyopark.jp/enjoymap/hach.html