冬の花を愛でつつ、一足早い春気分『明石海峡公園』

///冬の花を愛でつつ、一足早い春気分『明石海峡公園』

冬の花を愛でつつ、一足早い春気分『明石海峡公園』

2017-03-13T21:57:36+00:00 2017/01/30 |, 淡路島国営明石海峡公園|

冬といえば、公園にお花が咲いているイメージはあまりない方が多いと思います。

しかし、雪が降った日も記憶に新しい1月末現在、見頃を迎えた冬の花がたくさんあるということで、『淡路島国営明石海峡公園』にやってきました!

まずは「陽だまりの丘」へ。
約750株の葉牡丹と、約4,700株のストックが旬を迎え、美しい姿を見せていました!!ストックは淡路島の名産。ほんのり漂う素敵な香りに癒されます。
葉牡丹とストックに囲まれて写真を撮ることができるよう、こんなスペースも用意されています♪ このお花畑は2月下旬まで見頃のようですよ!

続いて、連絡口ゲートからほど近い「クリスマスローズガーデン」へ。120品種1,100株のクリスマスローズが、咲き始めているところでした。
「冬の貴婦人」と異名をとるほど、品があって可憐なクリスマスローズ。実物を見ると、一つひとつの花が大きくて、写真以上の存在感があります!
名前はクリスマスローズですが、4月上旬頃にかけて楽しめるそうです♪

ここからは一見、春が来たかと見紛うような光景が続きます。井戸をモチーフにしたオブジェに色を添えるのは…
冬に咲く、アイスチューリップ。普通のチューリップの球根を低温処理することで、冬に開花するのだとか。
入場ゲート付近を彩るアイスチューリップ達。1月にこんなに鮮やかな春の花が見られるのは嬉しいですね♡ 見た目に反して、暖かい日が続くと花が終わってしまうそうなんです。

また、淡路口ゲート近くの「移ろいの庭」では、植え替え直前の寒咲き菜の花を見ることができました。
1月中旬に恒例の「寒咲き菜の花摘み取り体験」が行われたばかりだそうです。寒咲き菜の花の真ん中に植えられているのはキンセンカ(カレンデュラ)。
黄色やオレンジの花を見ると、パッと春めいて元気をもらえますね!

公園山側にある「春一番の丘」にやってきました。
早咲きの桜として有名な河津桜(カワヅサクラ)があります。開花時期はまだ先ですが、ほんの一部、咲いていました!
さらに奥に進むと、寒桜(カンザクラ)が。こちらは3~4分花を咲かせていました!!!
ここまでくると、完全に春が来た気分♪ これからまだやってくるであろう寒波のことは忘れて、幸せな時間を過ごしました!

冬の真っ只中でも、こんなに多種多様な花を楽しむことができて大満足。冬の花を見たい方も、一足早い春の気分を味わいたい方も、ぜひ足を運んでみてくださいね☆


淡路島国営明石海峡公園
HP:  http://awaji-kaikyopark.jp/

〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
TEL: 0799-72-2000
(明石海峡公園管理センター)

開園時間&料金案内:http://awaji-kaikyopark.jp/about
夢ハッチ号案内:http://awaji-kaikyopark.jp/enjoymap/hach.html